人狼マメ知識

カードゲーム「人狼」とは?

1986年にロシアで考案された、市民とマフィアが争う「Mafia」というゲームをベースに、2001年にアメリカのLoony Labs社が「Are You a Werewolf?(汝は人狼なりや?)」を発売。日本では、2002年に発売された「タブラの狼」というカードゲームが一番有名だそうです。(弊社で使用しているのは株式会社人狼のカードです。)
 

ゲーム概要

人狼ゲームは、村人チームと人狼チームに分かれ、会話をしながら相手の正体を見抜いていく。プレイヤーは、配られたカードで自分の役割を確認するが、他の人がどんなカードを持っているかは知ることができない。だが、「人狼」のカードを引いた人たちだけは、自分の仲間を知ることができる。

人狼チームは、自分たちが狼であることを悟られないように、村人チームに潜り込む。村人チームになった人は、お互いに協力して誰が人狼なのかを推理し、多数決によって容疑者を処刑する。ゲームのバランスを保つため、村人チームには、特殊な能力を持った村人がいる。

ゲームの勝利条件

市民:すべての人狼を討伐すること
人狼:市民と同数の人狼が生き残ること
 

ゲームの流れ

ゲームは「夜」と「昼」のターンが、交互にやってきて進められる。それぞれのターンでやることは以下のとおり。

昼のターン

プレイヤーは自由に会話を行い、誰が人狼なのか予想する。会話終了後、この日処刑する人物を一人決定する。

夜のターン

人狼が村人を攻撃し、殺害するターン。人狼は、今夜殺す村人を一人選択して食い殺すことになる。

特殊能力カード

市民チームには、人狼を暴き出すために特殊な能力をもった役職者が存在する。良く使われる役職者をこのふたりです。

・占い師
毎晩、怪しいと思う人の正体を一人だけ確認することができる。村人チームの勝敗を左右する最も重要な役割。

・ボディーガード
毎晩、人狼から守りたい市民を一人だけ守ることができる。人狼チームが狙う人間を、いかに見破り守るかが、市民チームを勝利に導く重要なポイントだ。

自分の役職を打ち明けるタイミング

人狼となった人は、「いかに村人チームに怪しまれないように行動するか」、特殊能力を持った人は、「人狼に自分の役職を見破られないようにしつつ(役職者であることがわかれば、夜のターンに殺害される)、どのタイミングで自分の役職をカミングアウトするか」が勝敗を分ける鍵となる。

ゲームの醍醐味

ゲームの醍醐味は、お互いの会話である。村人は誰が村人で誰が人狼かを知らない。したがって、他のプレイヤーの発言を信用するべきか、疑うべきか戸惑うはずである。信頼に値する発言を引き出すために、ときには「あなたは役職持ちですか?」とストレートな質問をぶつけたり、ときには「◯◯さんを人狼と疑っていますが、どうしてですか?」など、自分の推理と異なる行動を取る相手に質問して、反応をうかがう必要がある。
 

人狼の特性

プレイヤーの人間性を垣間見ることができます。

人狼ゲームは会話、つまりコミュニケーションが必要なゲームです。会話の中に、プレイヤーそれぞれの性格が如実に表れるため、良い悪いひっくるめて“素”が出ます。ですからコミュニケーションスキル、協調性、素直さ、頭の回転なども分かります。

コミュニケーションの重要性がわかります。

コミュニケーションは人間関係を良くする潤滑油ということがよくわかります。
またウソを見抜くコツを実践で学べるので洞察力、観察力が鋭くなります。

プレイヤー同士が非常に仲良くなります。

ツヴァイの婚活イベントでは10対10の見知らぬ男女全員がゲームの後に二次会に行ったこともあります。短時間でこれだけ仲良くなるゲームはありません。婚活などのイベントやコミュニケーション不足の職場ではもってこいのゲームなのです。
 

深夜番組でも「人狼」が放送されていましたので見てみてください。ゲームの面白さがわかるはずです。


 

Copyright(c) 2013 Clearwoods All Rights Reserved.