Archive for the ‘起業への道’ Category

仕事を楽しむということ

2013-08-26
photo:01

私は昨年の8月31日付けで退職しましたので早いもので約1年になろうとしています。
あっという間の一年。
退職してからはほぼ休みらしい休みもなく、日々動き回ってきたという感じでしょうか。
こないだふと前職の時の休日の過ごし方を思い出したんですね。
「休みの日ってなにしてたかなー?」と。
刑事は忙しい仕事でしたが、サラリーマンと一緒で土日祭日は基本休みでした。まぁ出てることも多かったんですけどね。
休みの日、今思うと「今日、何しようかなー」って感じで起きて「買い物でも行くかなー」と行き当たりばったりで過ごしてましたね。
仕事のことはほとんど考えることはなく、オンオフの切り替えができていたように思います。
しかしその分、限りある時間を随分と無駄に過ごしていたようにも思うんですね。
なんとなく一日を過ごし、なんとなく終わる。
そこに得るものがあったのか、なかったのかそんなことはどうでもよくて時間の経過とともに一日は終わっていたんです。
かたや起業してからどうかというと休日らしい休日はほとんどありません。
最近は朝の時間を有効活用するために午前6時に出社していますし、帰宅はほぼ午後11時過ぎ。
都内で遅い仕事だったり、異業種交流会の懇親会に出ていたりするとどうしても遅くなってしまいます。
それでも翌日は午前5時に起きて出社するんですね。
土日祭日も何らかのスケジュールが入っているのでほぼ変わりません。
いつ休んでるのか自分でもわからないくらい働いてますねー。
でも不思議と疲れないんです。
なんでだろう?
それはきっと「自分の思うがままに自分の好きなように仕事をしているから」だと思うんです。
毎日がすごく充実しています。
きっと楽しく仕事をして充実していると疲れないんですね。
不思議だなーと思います。
前職でも休みなく仕事をしたことがありましたが、疲れ果ててましたからね。
やっぱり仕事って楽しんでやるものなんですよね。
そして時間の使い方が変わりました。
24時間、仕事について考えてます。電車での移動時間は読書をするとか、隙間時間を有効に使うようになりました。
以前のようにぼーっと過ごすことはなくなりました。
これは私だけではなく、起業家はみんなそうでしょう。
限りある人生の時間を有効に楽しく生きている、それが起業家なんです。みんな生き残るために必死ですから限りある時間を有効に使わざるを得ない。
退職して一年経ちましたが、辞めたことへの後悔は全くありません。
なんたって人生が楽しくなった。
例え失敗して会社が潰れたとしても、またそこから這い上がることに生きている意味があり、生きる醍醐味を感じられると思うんですね。
一生懸命生きるって素敵なことです。
さぁ今日も一日頑張ろう。
きっと明るい未来が待っているはずだから。(^-^)

衛藤信之先生のような講演家になりたい

2012-09-15

私は「話すこと」「教えること」が好きでして、講演家やセミナー講師をメインに仕事をしたいと思っています。

理想は、日本メンタルヘルス協会の衛藤信之先生です。

衛藤先生はこちら

衛藤先生は日本ではカリスマの心理カウンセラーで有名な方ですが、メディアにはあまり登場しません。

ご本人曰く、沢山のテレビディレクターから出演依頼があるらしいのですが断っているとのこと。

例えば、さんまさんの「ホンマでっか!?TV」等からも依頼が来るらしいです。

なぜ断っているかというと「テレビに出ると飽きられるのも早い」というのが理由らしいです。(笑)

確かに最近のテレビはタレントの入れ替わりが早いですもんね。

衛藤先生の講演の何が素晴らしいかというと
  とにかく話を聞いていて面白い、飽きない、3時間くらいはあっという間に経ってしまう内容の濃さ
ですかね。

3時間、参加者に飽きずに話を聞かせるってすごいですよね。

別に変な宗教で私が洗脳されているわけじゃないですよ。(笑)

なんというか、話を聞いて考えさせられることが多いですし、具体例が多くて分かりやすいんですよね。
あとは吉本風でとにかくおもしろい。エンターテイナーですよ。もうひとつのショーですね。

メンタルヘルス協会の教室で行われる衛藤先生の講義は常に満員です。

私も人の心を揺さぶることのできる講演家になりたいんです。

そして私の話を聞いた方々が何かを得て、毎日を明るく楽しく生きていくことができたらと思います。

「生きてるって楽しいじゃん。もっと頑張ろう。」

そんな気持ちになってくれたら私も幸せですしね。

ここのところ、独自に開催するセミナーの準備を始めましたが、「はたして何人の方に来て頂けるかな。」なんて思いながら会場を確保したり、レジメなどの資料を作ったりしています。

なんだかワクワクしますよね。

私もいきなり何十人も集まるとは思っていません。衛藤先生の心理学教室も最初は数人だったとか。

「あの人の話を聞きたい」と思えば少しずつでも増えてくるでしょうし、「お金を払う価値がない」と思われれば来なくなるだけです。

単純明快!!この刺激がなんともいえません。(笑)

皆さんにファンになって頂けるようにコツコツと地道に、そして一生懸命やっていきます。

来月のセミナーが楽しみです。!(^^)!

退職しました!

2012-09-01
photo:01

8月31日、辞令を受けまして正式に退職しました。
正確には勤続27年5ヶ月。
長かったような、短かかったような。
いろんなことがありましたねー。
仕事がうまくいかなくて胃に穴が空きそうな時もあったし、プレッシャーに押し潰されそうになった日もありました。
仕事がうまくいって皆でうまい酒を飲んだ時もあった。
仲間っていいなーって思った時もあった。
上司と意見が合わずにふてくされた時もあった。
部下に熱く語って指導した時もあった。
みんなみんないい思い出です。
中途半端な辞め方だったかもしれないけれど、これからまた違う人生のスタートです。
これから27年だと73歳か。ちょうど今が働ける年齢の折り返し地点かな。
違う仕事で人生二回楽しめる!
生涯仕事漬けでもいいから死ぬまで楽しく刺激的な仕事がしたいな。
安心な道より、危険な道を選んだんだから多少危ないこともあるさ。
痛い思いも苦しい思いもするさ。
でもそれも楽しもう。
それが生きてるってことだから。
とにかくがんばりますアップ
iPhoneからの投稿

公務員辞めて起業??

2012-08-09
photo:01

「えー、公務員辞めちゃったんですか??」
退職したら保険も見直さないといけないしー、ということで近所のイオンに行き、保険の紹介コーナーで私の話しを聞いたおばさんの第一声。
「今、公務員になりたい方がたくさんいるのにスゴイですね!」
「はぁ、まぁ」
「独立って何をやられるんですか?」
「コンサルタントですかねー。」
「ほー、なるほど。」
大概の人は同じようにビックリした反応をします。
公務員になりたい人が多いのに辞めていくって世の中に逆行してますかね?
でも今なんで公務員が人気なんでしょうか?
景気もイマイチで就職難、終身雇用制度もなくなり、年金も不安、政治も信用できない、将来が不安でしょうがない。だから世の中は安定思考に走ってるだけなんです。
国民の為に汗を流したい、困った人の為に力になりたい、そんな純粋な気持ちで公務員になる人がどれくらいいるんでしょうか??
普通にやってれば食いっぱぐれがない、だから公務員なんです。
寂しいですよねー。
ホントにやりたいことを仕事にするという発想で仕事を選んだら、仕事は楽しくなります。
好きなことをやってるのでストレスもありません。
人間本来の姿ですよね。
しかし、たぶん全国探しても私のようにスバッと公務員辞めれる人いないでしょうね。
貴重な経験者です。(笑)
成功したら本でも書こう。
人生は思い切りも大事です。
前を向いてしっかり地面を踏みしめて歩いていれば必ず道は開ける!
信じるものは救われます 音譜
iPhoneからの投稿

フリーエージェント

2012-08-07
photo:01

今日も暑いですなー。
今朝うちの前のバス停を見たらサラリーマンがいっぱい並んでました。
みんな暑い中、バス乗って駅まで行って、ハンカチで汗拭いながら満員電車に乗って会社にいくんです。
その一方で、
『あ、俺はもうそんな経験しなくていいんだ!!』
と思っちゃいました。
私はフリーエージェントしたんです。
公務員からフリーエージェントなんてどうなの?そもそもフリーエージェントって言えるの?
私がフリーエージェントだと思えばフリーエージェントですよね。(笑)
これからの時代は組織に捉われない時代が来ます。
定年制度とか終身雇用も無くなります。
自分をいかにブランド化するかが大事になります。
そしていかに売っていくか。
私も来月から無職ですから頭捻って戦略を考えてます。楽しみですよ、これからが!!
iPhoneからの投稿

若い人から学ぶこと

2012-06-29
photo:01

起業を考えるようになって、色んな勉強会やセミナーに行くようになりました。
当然私より若い方もたくさんいます。
そんな若い方に共通しているのは、「若いのにしっかりした考えをしてるなー。」「よく勉強してるなー。」ということです。
少なくとも職場の若い人からは感じられないことです。
考えてみたら職場以外でも感じたことがないかもしれません。
私もそれなりに年はとってますから、多少は本も読んでますし、勉強もしています。それでも若い方に教えてもらうことってあるんですよねー。
もの凄く新鮮ですし、素直にたいした子やなーと思います。
自分の稼ぎの3分の1を自分への投資に使うなんて子もいます。
俺の若い頃なんて、車のローンにスキーにサーフィン、女の子とのデート代でピーピー言ってたのに!
この差はなに?
将来、どんな人になっちゃうの??
なんて思っちゃいますよね。
でも私にも若い人にはない、人生経験があります。
ダテに46年も生きてません。
顔のシワでは負けません。苦労のシワか?(笑)
若い人にはない渋さで勝負しよう!
若い人に負けない貪欲さで勝負しよう!
やったるで!アップ
iPhoneからの投稿

フェイスブック始めました

2012-06-26

今やビジネスツールとしても欠かせないソーシャルメディア。
私もフェイスブックとツイッターを始めるために本を買いました。

photo:01

使ってみると起業の仲間とのコミュニケーションをとるにも最適ですね。音譜
もっと早く始めておけば良かった(笑)
しかし、世の中ホントに便利になってます。ひらめき電球
iPhoneからの投稿

箱田忠昭プロ講師養成講座

2012-06-24
photo:01

先日、カリスマプロ講師の箱田忠昭先生の無料説明会にいってきました。
これは、週末起業フォーラムのアンテレクトが主催するプロ講師養成講座の説明会です。
箱田先生は、11年間人気講師ランキング一位のカリスマ講師(年齢は65歳くらいでしょうか。)で、プレゼン、セールス、時間管理などのコミュニケーションに関する専門家として経営者から新入社員を対象に年間300回の講演を行っている方です。
名前を聞いたことのある方も多いのではないかと思います。
参加した理由は、言うまでもなく、私も講師の技術を学びたいと思っているからです。
やはり最高の方から学ぶのが近道でしょうからね。
当日、指定された会場にいくと10名程度の参加者がいました。
この講座は4日間で598.000円(早期割引で398.000円)の費用がかかりますから、いくらカリスマ講師の講座としてもこの程度の参加者になるのかもしれません。
最初に週末起業フォーラムの藤井先生から挨拶があり、箱田先生の講演が約1時間、そして担当者から講座の説明が20分程度ありました。
楽しみにしていたのは、やはり箱田先生の講演です。普段なら数万円はかかるであろう参加費用が無料ですからね。
始まる前に箱田先生は参加者と名刺交換。その後、自分の経歴、講師になった経緯、講師の魅力などを説明しました。
あっという間の1時間でしたが、内容的には既に先生の本などを読んでいたため、知ってる内容がほとんどでした。
話を聞いて感じたこと。
・やはりカリスマ講師というだけあってオーラがある。
・講座を始める前に参加者の緊張を解く、アイスブレイカーという時間がある。
・熱意があり、人に訴えるものがある。
・参加者を巻き込みながら話をするため飽きさせない。
・声のトーンを変え、身振り手振りをうまく使う。
こんな感じでしょうか。
さすがに数億円を稼ぐだけあって、話は上手いなーというのが率直な感想ではあります。
しかし!
私の個人的な感想としては、ちょっと年齢的な衰えを若干感じてしまいますかねー。若い世代に対してもどうなのかなーという感じがしました。
比較したら申し訳ないのですが、私としては、
日本メンタルヘルス協会のカリスマ講師 衛藤信之先生
の方が好きですね。衛藤先生の方が若いですからね、エネルギッシュです。いい男ですし、人を惹きつける魅力があります。まぁ、私と年齢が近いのもあるのかもしれませんが。
あ、箱田先生、すいません、生意気言いまして!あせる
いずれにしても、講座を受けるかどうかは長期的視野で考えたいと思います。音譜
iPhoneからの投稿

コーチング無料体験

2012-06-21
photo:01

先日、某コーチングスクールの無料体験とやらに行ってきました。起業にあたり、コーチングのスキルも必要かなと思ったからです。
当日、指定された場所にいくと、コーチらしき男性が会場にひとり。まだ机も並べておらず、聞いてみるとどうも予約は私ひとりだけの様子。
「ネットで見て急に来る方もいるんでわかりませんけどね。」
とコーチ。
開始時間になっても結局誰も来ず、私だけで体験講座がスタート。資料を見ながら、コーチングとは?スクールの特徴とは?と説明が進む。
「では実際にコーチングってどんなものだかやってみましょう。
私がコーチ、あなたはクライアントってことで。では、小さい頃に夢中になった遊びについて質問しますから会話を進めてください。」
とコーチ。
事前に質問、沈黙、相づちなどの聴き方も説明を受け、コーチは白板を見ながら話を進める。
話しながらなんだかコーチがぎこちない。ブツブツ言いながら質問を考えているようで自然な会話ではないような……。
なんだか、形にはめよう、はめようという意識を感じる。
「はい、どうでしたか?やってみた感じは?」
「…はぁ、うーん。多少は話しやすかったですかね…。」
と本音を言えずに返事。
「じゃあ、今度は交代してやってみましょう。」
とコーチ。
次は私がコーチ役になって話を進める。クライアント役のコーチはいろんな話をして盛り上がる。
「はい、終了です。いや上手いですねー!。」とコーチ。
「はぁ、うーん、普通に会話しただけなんだけどなー。」と思いながらお礼を。
こんな感じで体験は進み、90分終了。
コーチに色々尋ねると、
今年からプロコーチになった。
コーチングをやるまで人と全くコミュニケーションが取れなかった。
転職も何回もしている。
最近やっと女性に声をかけられるようになった。
コーチングに出会って人前で笑顔が出るようになった。
などと話してくれました。
「結局、コミュニケーションが苦手な人だったんだなー」と思いましたが、私の頭の中では「コーチングってなんだ?!」という疑問がフツフツと。
たいしたワークはやりませんでしたが、「コーチングのスキルって俺に必要なのか???」と。
私、中間管理職を11年やってますし、少年野球の監督もやり、人とのコミュニケーションにはそれなりの自信があります。
人の話しを聴いたり、相談に乗ったり、アドバイスをしたりって日常のコミュニケーションの中で普通にやっていることなんです。
職場の部下からの人望もそれなりにあるように思います。人の使い方もわかっているつもりです。
この時のコーチがどうこう言ってるわけじゃないんです。彼は彼なりにプロコーチとして頑張っているようですし、コーチングに出会って人生が変わったと話されていたし、それはそれで素晴らしいと思うんですよ。
でもコーチングってなんだろう?と思ったんですよね。
もう少し深く勉強する必要がありそうです。汗
iPhoneからの投稿

タイトル変更!

2012-06-18

思うところあり、タイトルを変更致しました。(笑)
新しいタイトルは
『中高年のむちゃな起業挑戦者を応援するブログ』
です。アップ
わたくし、『あなたの心の扉を開く☆コミュニケーションコンサルタント』でもありますが、やっぱり起業者向けのブログの方が書きやすいんです。
色々考えて変えることにしました。ひらめき電球
これまで読者登録して頂いた方々にも参考になるように今後もブログを書いていきたいと思います。
よろしくお願いします!!
iPhoneからの投稿

« Older Entries
刑事塾は、株式会社Clearwoodsの登録商標です(登録番号第5939982号)
Copyright(c) 2013 Clearwoods All Rights Reserved.