退職金引き下げ?!

2012-06-02
カテゴリー: 公務員

心の扉を開く☆人間関係改善コミュニケーションコンサルタントのカントクです。音譜
公務員の退職金が削られそうです。あせるあせる
ニュース記事によりますと…
 国家公務員の年金や退職金のあり方を見直す政府の有識者会議(座長・森田朗学習院大教授)は23日、首相官邸で会合を開き、国家公務員の退職手当(退職金)を1人当たり平均402万円引き下げるとした中間整理をまとめた。
引き下げ方法は「段階的削減」と「即時削減」の両論を併記した。
 退職金の引き下げは、人事院調査で、退職後に受け取る退職金や年金の合計が民間より402万円多いとされたことから、官民格差の是正を目的としている。
消費増税に向けた「身を切る改革」の一環とも位置付けられている。政府は早ければ今国会に、国家公務員退職手当法改正案を提出し、今年度末から引き下げを実施したい意向だ。
ただ、労組などの反発で調整が難航する可能性もある。
(2012年5月24日09時48分 読売新聞)
いやいや、先般、給料カットされた上に退職金もですか??ダウン
ってのが公務員の言い分ですよね。
我々、地方公務員も数年前から財政難を理由に給与カットが行われ、ボーナスなども全く増えませんし、給与も同様です。
国家公務員の知人は先般の大幅カットで
年間で100万近く減りました汗
と泣いておりました。
確かに公務員は優遇されている点はあると思いますが、景気が良くなっても我々には全く関係ないんですよね。
震災関係で仕方ないことは重々承知していますが、悪い時ばかり、減らされるのはどうなのかなと思います。
それよりも人員整理するべきなんです。警察官とか自衛官だとかは別として、県庁あたりは仕事の割りに役人が多過ぎます。
入れ墨してるとか、仕事しないとか、勤務成績不良な職員も山ほどいるわけで、そんな職員のクビをどんどん切り、人員削減を図るべき!と思うんですがどうでしょうか?
世の中、本当に厳しい時代です。雨
皆さんどう思いますか??チューリップ赤
今日もブログを読んで頂き、ありがとうございます。
iPhoneからの投稿

関連記事

カテゴリー: 公務員
刑事塾は、株式会社Clearwoodsの登録商標です(登録番号第5939982号)
Copyright(c) 2013 Clearwoods All Rights Reserved.