自由は人間本来のもの

2013-03-15
カテゴリー: 刑事ネタ

photo:01

前職を退職したのは昨年8月末。
かれこれ7か月になります。
その間、事業の方向性に頭を悩ませ、事務所を探して会社を設立し、設備を整えたり、営業を開始するまでにもいろいろとバタバタ動きました。最近ちょっと落ち着いてきた感じがあります。
起業して私が手に入れたものは何か?
それは自由に他ありません。
27年と5ヶ月という長い間、ある意味非常に厳しい管理社会に身を置いていましたからね。規則、規律、いろんなものに縛られていて自由というものは殆どありませんでしたから。
まぁそれは警察という高い倫理観が必要とされる組織では当たり前といえば当たり前ですけどね。
他人に偉そうなことを言って法律を守らせるんですから自分がしっかりしなきゃいけないのは当たり前ですし。
それにしてもここ最近の警察は雁字搦め(がんじがらめ)という表現がぴったりなくらい厳しくなってます。
若い警察官なんてかわいそうな位、つまらないことで私生活を管理されています。
今警察は酒を飲むのに届け出制なんですけどね、事前に届出しても「誰と飲むんだ?何時まで飲むんだ?」とかうるさく言われたり。
「どこで誰と酒飲もうが俺の勝手だ!!」って言い返したくなりますわな(笑)
そんな世界で生きていた私も、今は好きな時間に起きて、好きな日に休みをとって、自分の発想で自分の好きなことをするという「自由」な生活をしているわけです。
とはいえ体に染みついた感覚はなかなか抜けないもので平日に遊んでるとなんとなく罪悪感があったりして(笑)
しかし嫌な上司もおらず、つまらない人間関係もなく、ストレスフリーです(笑)
自由って最高!!本来人間はこうあるべきだなと。
そう思っています。
実は最近、前職の後輩達が私のブログを読んでいることがわかりました(笑)
「水面下で読んでる人がいて結構人気ですよ」なんて言われるとうれしい反面、複雑な気持ちだったりします。
心配なのは「森さん、なんか楽しそうだなー。俺も辞めようかなー」なんて思ってしまうこと。
余計なお世話ですが「仕事がおろそかになっても困るなー」なんて思ったりして。
でもこれからは公務員も起業する時代になります。やる気のある人はどんどん起業していくでしょう。
後輩達にひと言アドバイスするとしたら「警察に染まらないこと」をおすすめしますね。
今まで頭を下げられていた人が下げる立場になるわけですから、この立場の違いに対応できないと民間では食っていけませんから(笑)
私は「警部」という階級でしたが警部ってそこそこ偉いんですね。外部からも内部からも頭下げてもらえることが殆ど。
でも今はお客様に「ありがとうございます!!」ってたくさん頭下げてます。
現役時代の変なプライドなんてひとつもありません。
なぜかというと「警察に染まらないように仕事をしていたから」ですかね。
現役時代、警察という国家権力に染まったら「自分を見失ってしまうだろうな、国民目線を忘れてしまうだろうな」と思っていたからです。
それが今生きていると、そんな感じでしょうかねー。
元々民間向きだったのかな?
自分的にはこっちの世界の方が全然合ってます。
もっと早く辞めりゃよかったな、なんて思ったり。
まぁいずれにしても元刑事として違った形で社会に貢献していきたいと思ってます。
前職を辞めても魂はまだ刑事です。
世のため、人のため、頑張ります!!
今日も読んで頂き感謝します。
ありがとうございます!!!(最敬礼)  (^_-)

関連記事

カテゴリー: 刑事ネタ
刑事塾は、株式会社Clearwoodsの登録商標です(登録番号第5939982号)
Copyright(c) 2013 Clearwoods All Rights Reserved.