目の動きで何がわかるか?

2012-11-11
カテゴリー: 嘘を見抜くコツ

photo:01

目の動きで何がわかると思いますか?
実は目の動きをよく見ているといろんなことがわかるんですね。
「目は口ほどにものを言う」といいますよね。
視神経は、眼球から出て脳の奥へ収束しているんです。そして目は脳の中身が唯一むき出しになっている器官なんですね。ですから、人間の考えや思考が目に表れるわけです。
刑事は犯人を取り調べる時、あるいは事件の現場で目撃者から話を聞いたり、その他、人から話を聞くときには目の動きに注目しています。
いわゆる「ガサ」って知ってますか?ガサとは「家宅捜索」というやつです。
例えば、ある事件で犯人の自宅にガサに行くとします。私は責任者で行くことが多かったのですが、ガサ状を自宅にいた犯人に示してガサを開始します。
その後、責任者は何をしていると思いますか?
そうです。犯人といろんな話しをしながら目の動きを注視するんです。
なぜかというと犯人の眼の動きを見ているとブツの隠し場所がわかるからです。
犯人は突然のガサに動揺しています。
「あのブツ、見つかったらヤバい」と思ってますから意識しないようにしていても自然と隠し場所である天井裏とか押入れに目を飛ばすんですね。
目の動きはほとんど無意識です。見つかるとマズイので捜索している刑事の動きを見ながら、ちらっ、ちらっと犯人の目が飛ぶんですね。
それを見ていて目が飛んだ場所を入念に捜索すると大概ブツがあります。それは薬物であったり、拳銃であったり、いわゆる禁制品の場合もあります。
知り合いに国税のマルサの人がいるんですが、同じことを言ってましたね。
社長宅などにいって社長の目を見てると現金や金などブツを隠してる場所に目が飛ぶんだそうです。
ある時、目が庭の方ばかり行くので庭にある石碑の脇を掘り起こして徹底的に捜索したら、現金数千万円が隠されていたことがあったなんて言ってました。
いやー「目は口ほどにものを言う」ってよくできたことわざだと思いませんか。
私もこれでも元刑事ですから、私と話す時は目の飛ばし方に気を付けた方がいいかもしれませんよ。
もしかしたら、あなたのついたウソも見抜いてるかもしれません(笑)。

関連記事

カテゴリー: 嘘を見抜くコツ
Copyright(c) 2013 Clearwoods All Rights Reserved.