目の動きで何がわかるか? パート2

2012-11-12
カテゴリー: 嘘を見抜くコツ

photo:01

目の動きでなにがわかるか?の第二弾です。
今日は「スリ眼」について話しましょう。
スリを捕まえるのは泥棒担当の刑事なんですが、どうやって捕まえるかというと人ごみの中で「スリ眼」を飛ばしている人間を見つけるんですね。
例えば、バーゲンセールや何かのイベント会場では必ずスリが出没します。
彼らはそういった情報に常にアンテナを張ってますから、人が集まるところに来て仕事をするんですね。
で、刑事も先回りして現場で待ち受けます。そして、会場の出入り口や会場内でふつうの客を装って来場者の目の動きに注目します。
普通、バーゲンに来たお客さんは商品に目がいきますよね。ところがお客さんのバックにばかり目を飛ばす人間がいます。これがスリの「スリ眼」というやつなんです。獲物を見つける目って感じでしょうか。
そんな目の動きをしている人間を見つけたら、気付かれないように後を追います。するとそのうち必ずスリをします。その際に現行犯で捕まえるんですね。
すりの場合はまず現行犯でないと捕まえられません。すった後、トイレなんかに行かれて被害品の財布からお金だけ抜いて財布を捨てられたら、証拠上、厳しい状態になってしまいますからね。
ですから原則として現行犯で逮捕するわけです。
すり以外で言うと「痴漢」も同じですね。ホームでうろうろして女性にばかり目が飛ぶヤツは痴漢に間違いありません。
このように目の動きを注視しているといろんなことがわかります。
実は、この目の動きに顔の表情、身振り手振りが加わるとかなりの確率で人間の心が読めたりするんですね。特に、嘘を見抜くには目だけでは困難ですから、体の動きに加えて言動の変化で見抜くようにしています。
次回以降、またそのあたりをお話しましょう。(^.^)

関連記事

カテゴリー: 嘘を見抜くコツ
Copyright(c) 2013 Clearwoods All Rights Reserved.