デカの交渉術

2013-03-14
カテゴリー: 刑事ネタ

photo:01

先般、「ビジネスや日常生活で役に立つウソの見抜き方」というセミナーを開催しましたところ、あっという間に満席になり、次回、3月27日の同様のセミナーもお蔭様で満席になりました。
興味を持って頂き、本当にありがとうございます。
実は私のセミナーは「刑事塾」というスタイルでやっていまして皆さんには「〇〇刑事」という名札をつけて頂きます。
つまり新米刑事になってもらってデカ並みのスキルを身に付けて頂こうという意味です。
では「受けた後の効果はどうなんだ?」と疑問に思われる方もいると思います。先日のセミナー終了後、懇親会もあったわけですがみなさんのお話しを聞いていましたら言動が変わってました(笑)
「あ、今なんかウソつきました?」「名刺交換する時、へその向きが〇〇だったんで私のことあまり好きじゃない?」などという発言が頻繁に出るようになってたんですね(笑)
人間は言葉に出さなくてもその時の心理というものが必ず表面に出ます。
それには見るポイントがあるわけです。それを教えたからですね。
ですから参加者の方は視点が変わり、結果、発言が変わったと。
懇親会では僕も見抜かれているようでやりにくかったです(笑)
さて今度は「ビジネスで役立つ交渉術、説得術」というテーマでも開催します。
4月中に千葉と東京で開催する予定です。
実はみなさん、日頃からたくさん交渉をしています。
でも交渉術を知らないがために結構損をしてるんですね。
商品を購入する時の値引交渉にしてもしかり、ビジネスの取引での交渉にしてもしかり。
押すべきか、引くべきか、やっぱりポイントがあるんですね。
簡単に言うと交渉術とは「時間」「情報」「力」のバランスで決まります。
時間があるか、どんな情報を持ってるのか、力関係はどうなのか、そのバランスで押したり引いたりするわけです。
そのポイントさえわかっていれば交渉で負けることはありません。
どうですか?聞きたくなりましたか?(笑)
興味のある方はお早めに参加申し込みをしてくださいね。
今日も読んで頂き感謝します。(^_-)

関連記事

カテゴリー: 刑事ネタ
刑事塾は、株式会社Clearwoodsの登録商標です(登録番号第5939982号)
Copyright(c) 2013 Clearwoods All Rights Reserved.